全国2,500件以上、30年以上の施工実績。

Works
01

タンポポハウス

1995年/東京都国分寺市/藤森照信

歴史と自然を感じることのできる地域に自然と一体化する家。

屋根と2階壁面に日本タンポポを植え、全体を鉄平石で覆い、1階にはベランダをつける。植物を建築素材の一つとして捉えて自然と建築と一体化させた藤森氏の家。

Works
02

多治見市モザイクタイルミュージアム

2016年/岐阜県多治見市/藤森照信設計事務所(藤森研究室)

石交じりの建設残土基盤で、芝生は大人数が入っても剥げないファミリーが遊べる芝生。

来場者数が当初予想の1万5千人から10万人以上になり、芝生地からインスタ撮影や館長様の「お客様には芝生で寝転んで遊んでもらいたい」との方針で建設残土基盤で人が大量に入っても急斜面でも崩れない・剥げない芝生または熊笹に順次変更しました。

施工直後

施工4ヶ月後

芝生地は植物が濃い緑色に。色が濃いほど元気な証拠。

施工直後

施工4ヶ月後

バス停付近。連絡通路状態になっていたが、踏まれても問題ないくらいに成長。

施工直後

施工4ヶ月後

写真撮影や遊ぶために大勢の方が芝生地に入る。急斜面では子供たちがダンボールで滑り台にして遊ぶことを考慮し、工法も変更。

Works
03

ブルボン ビーンズドーム

2007年/兵庫県三木市/株式会社遠藤秀平建築研究所

環境大臣賞、国土交通大臣賞他、各賞受賞。省メンテナンス、省エネの屋内テニス場。

急勾配(最大斜度73°)の外壁に大林式急勾配 屋上緑化工法により緑を施しました、テニスコートが9面入る屋内テニス場。断熱効果があるので冷暖房設備・冷暖房費が不要の省エネ設計。また、無芝刈・無剪定・無追肥の省メンテナンス。

施工中

施工後

ドームの周りに緑を施す。

施工中

施工後

急勾配施工

Works
04

キューピー新神戸工場

2016年/兵庫県神戸市/株式会社竹中工務店設計部

大林式工法により、防根シート・補修不要の芝生。大阪湾の埋め立て地でも塩害はなし。

E-ソイルの断熱効果で温度差が小さく、防根シートは不要。紫外線カットと併用して防水層は10年間再補修は不要です。施工3か月後には芝生根が従来工法の2倍伸びるため、踏圧に強く剥げ難くなります。

Works
05

武田薬品本社 御堂筋ビル 8F,9F

1991年/大阪府大阪市/株式会社日建設計

土壌圧200mmの超軽量設計。5mの大木でも台風・ビルの谷風の突風も問題なし。

超軽量のE-ソイルだと200mmの暑さの土壌でも5mの大木が育ちます。根が長く伸び、絡み合うため、地下支柱は不要です。鉄骨骨格費も不要なので低コストで施工ができます。

Works
06

JRA阪神・京都・中京・東京競馬場

株式会社大林組

阪神競馬場

水はけのいい大林式張芝工法により、降雨後でも水を気にせず走れます。馬にもやさしい芝コース。

水たまりがあると走るのを怖がって嫌がる馬がいますが、大林式張芝工法だと降雨後でも水がすぐに消えるのでレースの中止もありません。適度にやわらかく、骨折の心配もありません。

Works
07

ホテル白井屋

藤本壮介建築設計事務所

ホテル白井屋

急斜面をEソイルで緑に、インパクトも感じられる空間が生まれました。

ほぼ北向き急斜面ですが、Eソイルで緑に覆われました。躯体はEPSブロック(発砲スチロール)を用いています。また、支柱無しの螺旋階段も魅力的なポイントです。

この他にも、多くの施工事例がございます。
こちらの資料をご覧ください。